新着情報

コラムで一息

家づくりにおいて、

とっても大切にしていただきたいこと。

これから、新たな住まいでのご家族との暮らし方。

豊かな暮らしは人それぞれで形が違います。

どんな楽しみをもって、どんな生活を送りたいか・・・。

 

こんなところの想いを整理するのにちょっとでも

お役に立てればと思います。

思い描く生活や暮らしに欠かせない居場所であったり

家具やインテリアについて古くからの友人でありライターのタラに

読み物としてまとめて頂きました。

 

情報の溢れかえっている昨今

家づくりの勉強で色々なサイト、動画を見て廻り

性能についての数値や仕様について思い悩み疲れてしまって・・・。

そんな時のちょっとした息抜き程度にでも読んでいただければ

嬉しいです。

軽い気持ちで・・・(笑)

 

Vol.1 ほんとうは怖い? 本棚のハナシ

 

はじめまして、こんちには。ライターのタラと申します。

このたび、大藤建設さんのホームページにて、

暮らしや家具、インテリアグッズ、ライフスタイルに関する

雑文コラムを不定期連載させていただくことになりました。

 

ありがたや、ありがたや。

 

とは言え、素人に毛が生えた程度の自称・物書き。

気合が空回りしないことを祈るばかり。

読み苦しい点もありましょうが、どうぞ箸休め気分で、

気楽に読んでいただけたら幸いです。

 

 

記念すべき一回目は、僕が一番好きな家具「本棚」のお話。

かれこれ十数年前のことです。

野暮用があって、友人の家を訪れました。

彼との付き合いはかなり古く、

今でもよく飲みに行く数少ない友人です。

彼の家に行くのは久しぶり。

記憶の中の部屋とはだいぶ様変わりしており、

物珍しくてあれこれ物色していると、

小さな本棚に目が留まりました。

 

何種類かの漫画が、

タイトルも巻数も上下もバラバラに突っ込んである状態。

「まあ、らしいなぁ」と眺めていると、

隅っこにひっそりとそれがあったのです。

 

『会話は男がリードする』

 

そんな感じのタイトルの、いわゆる恋愛ハウ・ツー本でした。

自分の知っている友人と、その本がすぐには結びつきませんでした。

自由気ままで破天荒、トークや振る舞いは天性のもの。

ハウ・ツー本を読むようなタイプだとは思っていなかったからです。

見てはいけないものを見てしまった、そんなバツの悪さを覚えました。

 

無論、その本を隅から隅まで読んで実践したとは思いません。

でも少なからず、彼はその本を捨てることなく、本棚に並べたのです。

ふとした折、パラパラと目を通し、

ある部分では「次の飲み会で使おう」などと思ったりしたのかも……

そんな姿を想像しながらニヤニヤし、

同時に知らなかった人間臭さみたいなものに触れて、

ほっこりしたことを覚えています(E君、ばらしてごめんね!)。

 

 

こんな風に、本棚には持ち主の隠れた個性や癖、色が出るもの。

それが百の会話や千のお酒よりもときに雄弁に、

その人となりを語ってくれることもあるのでは、と思っています。

 

それでは、もう一つ。

漫画を借りようと弟の部屋に行くと、本人は不在。

本棚代わりにしていた押し入れを開けると、目的の漫画を見つけたのですが、

その裏に隠すように一冊の本が……。

 

年頃だったし、エロ雑誌か何かかと思い手に取ると、

某アイドルの水着の写真集だったのです。

 

比較的仲の良い兄弟ですが、弟がそのアイドルのファンだったことは知らず。

妙な感覚ですが、エロ雑誌の方がまだマシだな、とその時は感じました。

 

ゾッとしました。

 

たとえ兄弟だとしても、パーソナル過ぎる趣味が生々しかったのしょう。

僕はそっと元に戻したのでした。

 

「本棚を見られるのは、裸を見られるのと同じ」

 

そんなことを言った人がいました。

普段会ったり遊んだり喋っているだけでは見えてこない心根の一端も、

本棚には滲み出てるのかも。

みなさんもそんな好奇心を持って、誰かの本棚を覗いてみては?

 

 

-----------------------------

 

確かに、本の並びや本棚の扱いに性格が出るのかも・・・

私もふと、自分の本棚も思い返してみちゃいました。

 

っと、こんな感じで不定期にお届けできればなと思っています。

デッキについて、ガレージについて・・・など

お題があれば是非ご連絡ください。

少しでも、家づくりが楽しいものになってもらえたらうれしいです。

 

 

2021.04.13 | コラム

このページの先頭へ