新着情報

町医者のように

 突然ですが、

写真は私が子供のころからお世話になっている町医者です。

 

IMG_3769

 

大正から昭和初期の建物と思われる木造建築ですが、

今回は建物の話ではありません。

 

子供のころから病院といえばここに来てました。

風邪をひいても、机の角でおでこを切っても、足をねん挫しても、、、

親に連れてきてもらってました。

 

自分1人で病院へ通える年になってもなぜか

他の医者へ行こうとは思わずここへ来てましたが

ある時、歳の多い先生に

”お前は、れんさんににてるな~”

と、言われました。

”れんさんって誰だ?”と思いながら愛想笑いして会話を続けて

家に帰ってれんさんの事について聞くと

曽祖母(ひいばあ)さんでした。

恥ずかしながら、曽祖母さんの名前をこの時初めて知りました。

 

後で話を詳しく聞くと歳の多い先生が若かった時から

私の一家はこの病院の先生にお世話になっていたようで、

曽祖母(れんさん)の親もほんの少し診察をしたことがあるとの事でした。

 

その時は、あまり感動しなかったですが

今考えると、とてもすごいことだと思いました。

 

時代的に選択肢が限られていたという考えもあるかもしれませんが

確実に言えるのは、親も祖父祖母も、この先生を信頼していたからこそ

次の世代の自分や兄弟を診察に連れて行ってた事。

それが何世代も続いたこと。 です。

 

自分たちが作る ”木の建築” (社寺でも住まいでも)は

30年や50年で建替えるようなものでなく

何世代にもわたって使っていただけるものであるからこそ

長年に渡り信頼して頂くということがとても大事なことだと

この病院を思い出すたびに感じてます。

 

そして、

建物のちょっとしたこと、

建物の事でなくても何か相談してみようかな、、、

と思ってもらえる様な

この町医者のような身近な存在でありたいと思います。

 

株式会社 大藤建設 ”想い”

 

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

 

 

 

 

 

2017.11.28 | 新着情報

上棟

”いはらの家”

無事上棟いたしました。

 

木組みや貫の構造が懐かしいのか

歳の多い方が足を止めて見ている様子が印象的でした。

 

ただ、伝統的な建方ではなく

現代の住まいかたに寄り添った建物なので

今後の施工も気にかけて頂きたいです(^-^;

 

さて、本題です。

仲間の大工さん、レッカーにいっぱい動いて頂いて

何とか棟が上がりました。

木組み、貫を使った建方は

プレカットの加工よりも1.5~2倍は手間がかかります。

みんなの頑張りに感謝です。

 

天気にも恵まれとても良い上棟でした。

 IMG_4604[1]

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

 

 

2017.11.26 | 新着情報

建前

明日はいよいよ

”いはらの家”

建前です。

 

建物の大きい小さいにかかわらず

いつも緊張する前日です。

 

これまで煮詰めてきた案が

思い通りの構造、バランスがとれているか、、、

 

なんど何度シュミレーションしたとしても

前日は緊張します。(^-^;

 

20170919_螟ァ阯、蟒コ險ュ-3 

 木組みの家

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

 

2017.11.24 | 新着情報

土台 取付

 ”いはらの家”

現場では土台の取付が完了しました。

 

 IMG_4574[1]

 

一般的に建前、棟上げを行う数日前にこの土台を据付て

仮設(作業足場)を組みます。

 

土台は建物の足元をがっしりと固定する役目をもち

基礎と緊結していきます。

木の上にボルトが飛び出ているところがありますが

このボルトで基礎と一体にしていきます。

 

ここが

石場建てとは大きく違うところになってきます。

 

今回は基礎と土台をもつ形式の ”木組みの家”

しかし、

粘り強い建物にするための

工夫もいっぱいあります。

 

施工が進むにつれお伝えしていきます。

 

施工例はこちらから ↓

木組みの家 建築作品

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.23 | 新着情報

木組みの体感

先日、お伝えさせていただいた

”木を組むを知る”

ですが

数組限定で行うこととなりました。

11月25日(土)  です。

K-6(小-2)

 

清水区の庵原にて

”いはらの家” の建方

(柱、梁などを大工さんが組上げて棟木という建物の一番上の屋根の支持材を納める)

をご覧いただき

木組みの粘り強さを体感して頂けます。(^^)

 

柱、貫、足固め、梁・・・と木組みを構成する部材が組みあがっていくところは

木の粘り強さが、ハッキリとわかります。

 

 K-4

 

今回は実際に大工さんがレッカーを使い作業をしていますので

安産面等を考慮して数組限定とさせていただきます。

また、時間的にも見どころをしっかりおさえて頂くために

9:00 ~ 11:00

と、させて頂きます。

10~20分程度、説明をさせて頂きながら木を組むところを

ご覧いただきます。

 

大変申し訳ありませんが、

今回はご予約いただいての参加となります。

当社 HP問い合わせページのメール

または、お電話でのご予約お待ちしております。

当日の場所、連絡先等を返信させて頂きます。

 

http://daitou-k.com/studio

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.22 | 新着情報

小さな稲荷社

社寺の仕事も進んでます。

 

現在、小さな稲荷社の修理の加工を作業場で進めています。

F385CD8F-8A27-42F5-B3E5-CE68805FECBE

 

今回は風雨の影響が大きい浜縁の修理です。

写真の建物一番前2本の柱の足元にある縁です。

 94276076-3F96-454C-B44B-AB7A5D6E6129

ちょっと風化が進んでいますが、、、

普段、私どもが調査をした際、このぐらいの風化では

取替えを提案しません(一部修理など選択はいくらでもあります)が

今回はそれ以外の事項もあったため浜縁だけ取替になりました。

 

また、今回住職や関係者とお話をさせてもらって出てきた改善点。

取替えた縁を組んでいくときに反映させてきます。

 

社寺について

 http://daitou-k.com/temple

 

静岡・社寺建築

創業1907年 4代目・堂宮大工(企画立案・設計監理)

新築、文化財修理・古建築改修・修復・屋根替え・耐震改修・・・

株式会社 大藤建設

 

2017.11.20 | 伝統建築 新着情報

南の陽ざし

建物を計画する際、外部環境もしっかりと抑えて

進めます。

 

今回は恵まれた南の庭に注ぐ陽ざしの利用の仕方を

ほんのちょっと。

 233B0E7A-1E72-4BAA-BABC-EAD470C6E425

広葉樹。

冬、落葉してたっぷりの暖かい陽ざしを

窓を通して部屋の中へ届けてくれて。

夏、元気いっぱいに繁ってキツい陽ざしをさえぎり

部屋の温度の上昇を抑えてくれる。

そして、紅葉の時期には素晴らしい日本の四季を

感じさせてくれる。

 

南に配置する植栽のちょっとした気づかいで

設備にたよらない心地よい環境を作ることができます。

 

写真は今年植えた

“ヤマモミジ”

まだ月日が浅いので大きくはありませんが

これから活躍していってくれると思います。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.17 |  新着情報

壁の板張り

 先日お伝えした設計士さんの現場。

内容もお伝えします。

先日の記事にもあったこの様な写真の板張り

“鎧張り(よろいばり)”

という壁の板の張り方です。

 9447F8FA-B2EC-47E2-A07D-F3481C14AE3F

 一般的には外壁に板を張る時に使うやりかたですが

今回は設計士さんの案で階段ホールに施しました。

 板を平らではなく、段々になる様に少しずつ重ねて

張っていきます。

 1D53661F-80DF-4B68-968D-8A63156B83DE

 BB6766BA-941B-44F0-AB2F-73151214D929

 洋風の建物の外壁にみられることがあると思います。

よく使われているのは10㎝位の板ですが

今回は結構広めの板で20㎝くらいあります。

そして、内部の壁に使いました。

かっこいい感じになります。^_^

板を広く使ったのには納まりを検討した結果。

階段1段の高さと揃えて段板との取り合いを

スッキリ見せるための工夫からです。

C532B1EF-6945-4797-B1CA-64C4DAFE2E4D

 

この張り方に縦の桟を付け加えると、

昔ながらの日本 家屋やお寺の建物に見られるような

外壁の張り方になります。

 658EA50D-1AD9-4E78-990D-7AC2AA957328

 

縦の桟があるかないか

ちょっとのことで雰囲気がだいぶかわりますね。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.16 |  新着情報

頭の中の整理

このところ、HPの修正や情報誌への掲載の準備等を進めています。

HPについては形だけは作ったものの・・・

という状態で数年たってしまっていたため修正。

広告のような紙面への掲載は

もっと自分たちが自信を持って作る”木組みの家”を知ってもらうには・・・

との思いから。

どちらも、明らかなる結果が出るとは限りませんが、

作業を進めている現時点で、収穫はありました。

 

”木組みの家”をつくるにあたり

想いや頭の中の考えは多くのものがありましたが

自分の中で納得して満足していたものや、

説明すれば人に伝わると

勝手に思っていところがどこかにありました。

 

今回、HPや紙面にこちらの想いや考えを掲載するにあたり

どう説明すれば伝わるか

なぜこの材料、この工法を使うかが説明できてるか

当社の強みは何なのか

弱点は何なのか

などなど、改めて頭の中を整理整頓し

一般の方へ、どう伝えていくのかと考え直すとてもよい機会となりました。

 

漠然とは考えていたものでも、

改めて手を動かし行動してみると多くの収穫がありました。

 

・・・ついでに、HPや雑誌掲載の明確な収穫があるといいのですが

欲をかいてはいけませんね。 (^ ^;

  9E97947E-4998-443E-9341-74EEC3FA7B86

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.15 | 新着情報

設計士さんのこだわり

これまで当社は木組みの家の新築、各所リホーム、

社寺の新築や改修を行っていますが

たまーに設計事務所さんとの仕事もあります。

数は少ないです。

 

初めは少し気がひけていました。

納まりに関して時にこちらの意に反した設計がなされている部分があり、

それでも進まなくてはならないことに不安があったからです。

しかし、運が良かったのかこれまでの出会った設計事務所さんは、

こちらからの意見も流さず必ず検討の範囲に入れてくれます。

例えば、

こんな様な感じに見せたければ下地の方法や作業の順番をかえさせてもらえないか、、、など。

多少、コアな会話にはなりますが、

こちらの現場をスムーズに、かつ設計士さんの意図を壊さないように、

の提案を快く検討していただけます。

結果、話が通らないこともありますが

設計士さんの想いを聞けば大概納得できることが

多いです。

 

少し話がずれてしまいましたが、

設計事務所さんの仕事、最近では楽しみが増えてます。

 

色々な部分の見せ方(納まり)がある程度自分たちなりのものを少し持ってますが

設計事務所さんとの仕事では新たな発見(納まり)に出会えることが

あるからです。

 

この写真の現場でも設計士さんのこだわりに

学ばせて頂きました^_^

 

 

 

 

D8A7F002-14E4-47AD-8060-836E620C61A7

 6E2FCD60-D482-45AD-9D4B-A39B44544F9D

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2017.11.14 | 新着情報

次のページ »

このページの先頭へ