新着情報

ガレージについて

先日、住まいつくりについて質問を受けました。

参考までにお答えした内容を掲載いたします。

 

Q質問

マイホームを検討中の段階なのですが、主 人は車とバイクを所有していて、

ビルトインガレージにしたいと言っています。

雨の日も濡れずに乗り降りができるのは確かにいいように思うのですが、少し調べたところ、

「居住スペースが狭くなる」  「家自体の価格が高くなる」

「固定資産税が高くなる」  「排ガス・騒音の対策が必要」

などのデメリットの部分が目につき、ちいさな子どもがいるので、安全面も心配です。

正直、現時点では、主人には諦めてほしいと考えていますが、

主人の気持ちもわからなくはないので、専門家の方のご意見を伺ってから

改めて話し合ってみようと思っています。

ビルトインガレージのメリット・デメリット、

代替案なども含めてみなさまのアドバイスをいただけますでしょうか。

 

に対して

ビルトインガレージについて確かに

「居 住スペースが狭くなる」  「家 自体の価格が高くなる」

「固 定資産税が高くなる」  「排 ガス・騒音の対策が必要」 

のようなことは避けられないと思いますが取り入れるメリットも大いにあると思います。

1) 既製品のカーポートなどと違い、敷地や建物などのイメージ(外観など)を損なうことなく駐車スペースやアプローチを確保で きます。

2) 配置計画やプランによりガレージとしてだけでなく日陰の外部空間として使えます。

  庭などとの関係をうまく作ってあげれば家族でも楽しめる空間になると思います。

  また、ガレージ上部を部屋でなくバルコニーとしてもテラスのような気持ちの良い空間ができると思います。

  上部に居室があるより 安全面、防水面ともよいと思います。

 3) ご主人様やご家族様とって希望が叶うということは、一生に一度の家つくりの活力になると思います。

  代替案でカーポートをつけて後悔しているという話も聞きますし、築10年くらいの家にビルトインガレージを増築したこともあり ます。

  (後々の増築を考えての計画も一つの案としてあると思います)

 

敷地やご予算、家に対するイメージや生活の仕方などにより感じ方は違う思います

ビルトインガレージをご主人様だけのものでな く

ご家族様みんなのものとして計画するといい家つくりになると思います。

と、お答えしました。

似たような悩みをお持ちの方、参考にしてみてください。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

 

静岡・社寺建築

創業1907年 4代目・堂宮大工(企画立案・設計監理)

新築、文化財修理・古建築改修・修復・屋根替え・耐震改修・・・

株式会社 大藤建設

 

 

2018.04.21 | Q&A 新着情報

創エネリフォーム

創エネリフォームについて質問を受けました。

 

Q.質問

創エネリフォームが増えていると聞いたのですが、

具体的にどんなリフォームのことを言うのでしょうか?

また、創エネリフォームをした場合、

補助金制度など、利用できる公的補助はありますか?

 

A. 回答

創エネリフォームは、太陽光発電エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)

などを使 い各家庭でエネルギーを生産(創りだす)することを言います。

(太陽熱温水器やエコウィルなどもあります)

 

簡単に言いますと、

太陽光発電は太陽光により、

エネファームはガスから発電するものです。


建物の形状や暮らし方により各々メリット、デメリットはあります。

太陽光発電エネファームどちらも公的な補助金はあります。

補助金の額は年々下降傾向にありますが、

システムの性能や生産技術の向上などにより設置金額もだいぶ安くなっ てきています。

 

私としては創エネの前に省エネリフォームをお勧めします。

創りだす前に暮らしの中のエネルギーを減らしてあげることです。

創りだす能力を各家庭でもち向上したとしても

使用するエネルギー量が過剰であればいずれオーバーヒートしてしまいま す。

これは家庭レベルだけでなく国や世界で考えても同じことです。

 

具体的に言えば断熱強化、給湯暖冷房設備の性能向上、照明(LED化)などがあります。

これらに耐震性能などを一緒に考えて計画をすれば建物のスキルが格段に向上します。

まずは家(建物)自体の性能(温熱、耐震)次に設備の向上、

そして創エネで考える方が豊かな暮らしにつながると思います。

まずは体の健康をそして・・・と、人間の体と一緒ですね。

 

上記項目などを長期優良化リフォームの規定以上に

性能向上してあげれば補助金の対象にもなってきます。

 

その場しのぎのリフォームにならないためにも省エネ創エネなど、

どの項目に重点を置くにしても各業者(太陽光発電など)の担当者様だけでなく、

建物や暮らし方の状態(温 熱環境の計算等)を把握できる建築士も交えた検討をお勧めします。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.03.20 | Q&A 新着情報

家のテイストは?

先日、家つくりのQ&Aがありましたので

参考までに紹介いたします。

 

Q、質問

家のテイストは、20年、30 年後なども考えて決めるべきなのでしょうか?

今は洋風のカワイイ感じのテイストがいいなと思っているのですが、

年月が経った時のことを考えて、

落ち着いた感じの家にしておいた方がいいのでしょうか?

しかしそうすると、新築したばかりの今の生活が

楽しくなくなってしまうのではないかと 心配です。

 

A. 回答

家のテイストに関しては考え方や解決の仕方はいくつもあると思いますが

これまで家つくりをお考えの方と打合せしてきた様子からお答えしますと、

テイスト(洋風、南洋風、和モダンなど)に関してはブレずにしっかりと軸をもって、

その中でかわいさやシンプルさのバランスを とっていくといいと思います。

 

20170919_螟ァ阯、蟒コ險ュ-25

外観からはじまり、内部の壁や床、キッチンなどの設備や建具、家具・・・など

多くの要素で表現して、住まい手にとってよいバランスの雰囲気が見つかると思います。

 

もちろん、その中の検討材料として質問者様の気にしている20年、30年たった時のことも含まれます。

同様の気持ちをお持ちの方と各要素についてお打合せを繰り返して、

どこでかわいさやシンプルさ、落ち着き感を出していくかのバ ランスをとっていくと

自然と家全体の雰囲気としては落ち着きのあるシンプルなデザインとなっていきます。

住まい手さんの今現在の求めているようなかわいさなどは

インテリアや家具、建具、アクセントの仕上げなどでスマートに表現することが多く、

ご満足頂けていると思います。

 

シンプルなものの中にバランスをとってかわいさを表現すると

かわいさがより際立つということもあると思います。

何もないところから雑誌などの写真等で想像しても

なかなか整理していくのは大変だと思います。

 

20170919_螟ァ阯、蟒コ險ュ-20

 

http://daitou-k.com/studio#studio_zirei_1

各要素ごとに順をおって

密(バランスを考えて)にお話しされることをお勧めします。

きっとご満足のいく良い雰囲気が出せると思います。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.03.13 | Q&A 新着情報

制振装置 2

制震についての続きです(^^)

 

住まいの地震に対する考え方の流れとして

耐震 → (耐震等級 → 耐震等級の設計方法 ) → 制震

まずは耐震を考え、そのレベル(等級1~3)をどこに持っていくか、

と同時に設計方法を検討(コスト)。

耐震の性能を満足したら制振装置で性能をあげる。

(その他、温熱性能等とのバランスもお忘れなく)

と、いう考えが良いかと思われます。

 

また、木造住宅において貫の採用(私共は出来るだけ取り入れています)は

耐震に付加するものとしてとても優れたものだと思います。

 

IMG_1391

 

大分話がそれてきましたので制振装置について少し。

 

多くの製品が出されていますが

コスト30~50万円(延床30~40坪程度)、耐用年数50年(100年、半永久的といのもあるそうです)

のものが多く保証期間を10~20年で設定しているものもありました。

壁の中や天井裏に設置することがほとんどなので

メンテナンス期間や

耐用年数、保証期間は検討するに大事にしていきたいところです。


ちなみに

新築ではなく耐震改修において制震装置は評価の対象となっています。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.02.23 | Q&A 新着情報

制震装置 1

制振装置に対しての質問にお答えしたので

私どもなりの考えを、ここでも紹介させて頂きます。

 

Q.質問

マイホームを建てるのにやはり心配なのは地震です。

制震装置(技術)にも色々あるようですが、違いがよくわかりません。

効果はもちろんのこと、コストも考慮すると

おすすめはありますか?。

 


A.回答

制震装置(技術)について

多くの会社、メーカー(建材メーカー)で色々なものが開発、提案されていますが

正直、何を選択するのかという答えは出せていません。

メーカーごとにメリットに関しては多くの事柄があげられてますが・・・。

まず、住まいを設計するにあたり基本的な考えとして、

機械設備(装置)ありきではなく、できるだけ建物自体のスキル(プランや構造)

で性能を出して快適な空間にしていくことが良いと思います。

主に温熱性能(断熱など)や耐震性能などがこれに当たります。

そして、それでもなお不足に思われるものに全体のコストバランスを考慮して

機械設備(装置)などを付加し性能をあげると良いと思います。

 

制震装置で考えてみると

耐震性能で建物自体のスキルをもたせ、どうしても不安に思うなら制振装置の付加を検討。

という感じです。

IMG_5789

 

現在の一般住宅を設計(新築)するにあたり

制震の性能だけで基準法や性能評価は (公的指標を) クリアできないと思います。

※例外:伝統的な石場建て工法や社寺仏閣などに使う高度な構造計算をする場合は

     評価の一部となる場合があると思います。

制震はあくまでも耐震でクリアしたものに対して付加するものと考え、

耐震性が基準法クリアレベルで制振装置を付加するよりも

耐震性、例えば耐震等級3(性能評価基準の1.5倍)にあげるほうが良いかと思います。

(コスト面では制振装置の種類によって前者の方が安くすむ場合もあるとは思いますが・・・。)

耐震等級の評価として同じ耐震等級3でも

仕様規定(あるルールのもとの条件で壁や梁の大きさを決めていく等)で設計する方法と

許容応力度計算(各部材の寸法や細かな数値を建物ごとに構造計算)で設計する方法があり

後者の方がより細かな計算となると考えています。

(検討している項目が違うので単純にどちらの建物が強いかということにはなりません。)

(やはり、後者の許容応力度計算の方がコストはかかります。)



~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.02.20 | Q&A 新着情報

防犯対策

先日同様、家つくりに対しての質問にお答えしたので

私どもなりの考えを、ここでも紹介させて頂きます。

 

Q.質問

近い将来、家を建てたいと思っているのですが、防犯面が心配です。

実は、以前、4戸1のコーポの1階に住んでいて、

留守中の昼間に泥棒に入られたことがあり、

そのまま住むのが怖くて引っ越しました。

自分たちの家を建てて、もし同じようなことがあっても

当然引っ越すことはできないので、その点がとても不安です。

防犯面を重視した家を建てるとき、

どんなことに気を付ければ良いでしょうか。

また、防犯に効果的な間取りや、おすすめの防犯対策などはありますか。

(できればコストは抑えたいです。)

アドバイスをよろしくお願いします。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

A.回答

防犯面に重視した家つくりについてお答えします。

いくつか対策はあると思いますが、どれも確実な対応策ではないのが現状だと思います。

いかにリスクを少なくするかということでいくつかの案をお話しさせて頂きます。

 

1)防犯セキュリティー(警備会社)会社への加入

最近では戸建ての住まいとの契約も増えているようで、防犯だけでなく防災の面でもサポートがあるそうです。

ネックとなるのはやはり月々にかかる費用ということになるとは思います。

建物の火災保険等も同時に相談できるようになっているそうです。

 

2)敷地や道路に対する建物の配置等での対策

それぞれの敷地に対する道路の位置や面する長さ、道路や周辺の環境(大通りに面してるや人通りの多い少ない等)によって様々ですが、

防犯を意識するあまり、周辺からの視野を遮り過ぎた配置やプラン(玄関の位置)、外溝(フェンス)は控えた方がよいと思われます。

泥棒などから家を守るには周囲からの適度な視野は必要で、閉じこもり過ぎないことは近隣との関係も築きやすく、地域での防犯対策にもつながっていくことだと思います。

(少し隙間の空いたフェンスや高くなり過ぎない塀、道路から多少でも見える玄関・・・など)

 

3)間取りでの対策

プラン(間取り)から考えていくと防犯面で弱点となっていくのが

泥棒の経路となる大きな窓(人が通れる)のある部屋になってくると思われます。

家族が集い、食事や団らんを楽しむリビングダイニング等を心地よい空間とするにはやはり大きな窓からの日差しが必要となります。

その他の部屋、トイレや浴室などは窓を小さくしなくても格子やルーバーなどでの防犯対策が比較的考えやすいです。

そこで、リビングダイニングや子供部屋等を2階に持っていきその他の部屋で1階を構成してあげると

大きな開口が2階に持っていけるため防犯対策がしやすくなります。

しかし、お年寄りや足腰の弱い方が生活をするために

必ず2階に上がらなくてはならない状況(プラン)となってしまいます。

1階だけで完結する生活が難しく)

近隣の建物の状況で2階にリビングとかを配置しないと日差しの明るさが取れないなど

その他の面でのメリットを見込んでの事でしたらやる意味はあると思います。

 

4)窓で対策

少し割高にはなりますが、サッシにはまるガラスを割れにくく侵入しずらい

防犯ガラスにかえることもできます。

コストを抑えたければ危なそうな窓だけ防犯ガラスにするのもいいと思います。

玄関や勝手口の鍵もピッキング対策のあるものを使うといいと思います。

 

比較的コストを抑えての対策となると 2)と 4)になり

少し余裕があれば 1)を検討するのがいいかと思われます。

どの対策にしても敷地や周辺環境、家族構成などでも色々な考え方があると思うので

じっくり検討することをお勧めします。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.02.07 | Q&A 新着情報

吹抜け

ちょっとした期会があり、住まいについての質問に

答えさせていただきました。

 

Q.質問

「高気密・高断熱住宅であれば、吹き抜けを作っても寒くない」とたびたび聞きます。

以前、友人の新築の家を訪れた際、

リビング上が約6畳の広さの吹き抜けで、ファンが回っていました

C値0.25、UA値0.56で、最近よくみる、「エアコン1台で涼しい、暖かい」という

ふれこみのところで建てたそうです。

結局、高気密・高断熱住宅でも吹き抜けを作ると寒くなるものなのでしょうか。

やはり吹き抜けはやめた方がいいのでしょうか?

みなさんのご意見やアドバイスなど、聞かせてください。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

A.回答

吹抜けのある部屋はない部屋に比べると

部屋の気積が大きい分温まりにくいです。

吹抜けのファンを回していると(冬は上向きに回してください。)

全体に温まるまでは少し冷えた空気が流れてくると思われます。

静岡県においてUA値0.56の建物はH28省エネ基準もクリアし ており

この地域の冬の平均最低気温(約2.8°C)の時に自然室温(数日 間無断房状態)が10.5~11.0°C位(モデルプラン)になると思います。

けして低い性能ではありません。

暖房器具を使わずに集熱機器をつかってこの自然室温を上げる方法も あります。

この様、最近はに単に断熱材の量や、専門的な数値では熱い寒いが判 断しにくいものが解りやすい室温で

目安的な数値を表すことができます。 実際の建物の設計の時には気にしてみるとよいのかもしれません。

また、普段より自分や家族の快適に過ごしやすい気温、湿度を気にし ていると断熱の設計をするのに役に立つと思います。

断熱性能は高いにこしたことはありませんが、予算、設備等の色々な 検討項目の中で

暖房の使用量や吹抜けの有無を検討してみてはどうでしょうか。

性能が高ければ無断房にも近づけるでしょうし、エアコン1台といっ てもどの程度の能力のものかなども出てきます。

断熱や省エネ等の性能はこれからの住まいつくりには非常に大切なこ とと思いますが、

もっと大切にして頂きたいことが数値ばかりにとらわれないで豊かに暮らすことのできる住まいつ くりです。

これは住まい方や住む人によって違う感覚になり、多少の室温の差が あり

暖房設備を使ったとしても吹抜けがあることによって

豊かに暮らす空間(家族の距離感や一体感など・・・)ができるのであれば

是非、吹抜けを取り入れて頂きたいです。

そこに生じる差(ここでは室温の差)はできるだけ少なくなるよう

どの工務店、設計士さんも努力して提案してくれると思います。

 

と、お答えさせて頂きました。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.01.23 | Q&A 新着情報

このページの先頭へ