新着情報

ものづくりの姿勢

最近、

本当に良いものを作り信頼できる工務店の

紹介について色々な話題が出てきています。

SNSやYouTubeなどこまめにチェックなさっている方は

ご存知かと思いますが。

(弊社、今のところそういった名簿などには掲載されておりませんが

加入しております団体としてはパッシブハウスジャパン(PHJ)の

名簿に掲載されております。)

 

紹介のシステムや名簿などが本来の目的通りに実現していけば

家づくりを考えている方々にとってとても有益なことになっていくことと思います。

全ての面で全国トップレベルの家づくりができると

思っているわけではありませんが

家づくりに対して

“日々研鑽し真面目に取り組んでいる”

ということは自信をもって言えます。

 

どんな職種に置き換えてもそうだとは思いますが、メディアや広告媒体で多く目にする方々が必ずしも良いものを作り続けているか?過大になった評判だけが先行していないか、、、。

自分の職種にに当てはめると判断できている事でも、他の分野になるとついメディアに流されてしまうことよくあると思います。

 

何も深く考えずとりあえずの物を作り営業がうまい会社と

本当に親身になり真面目にいいものを作り信頼できるが営業に力を入れていない会社

全てがそうではありませんが大きく分けるとこの2パターンに

分かれるのではないでしょうか。

(極端すぎましたかね。)

買い替えの効かない一生に一度の建築。(今の建物は何十年も先を見据えているので子供孫世代も巻き込んだ3〜4世代の建築。)

どちらで家を建てますか?

 

こういった流れが工務店レベルから職人レベルにまで進み、真面目に取り組んでいる方々に日が当たればいいなと思っております。

 

集客、営業ももちろん大事ですが

ものづくりの本質、向き合う姿勢、

これを第一に考えて進んでいければなと思います。

 

 

2020.10.21 | 新着情報 木の家つくり

このページの先頭へ