新着情報

制振装置 2

制震についての続きです(^^)

 

住まいの地震に対する考え方の流れとして

耐震 → (耐震等級 → 耐震等級の設計方法 ) → 制震

まずは耐震を考え、そのレベル(等級1~3)をどこに持っていくか、

と同時に設計方法を検討(コスト)。

耐震の性能を満足したら制振装置で性能をあげる。

(その他、温熱性能等とのバランスもお忘れなく)

と、いう考えが良いかと思われます。

 

また、木造住宅において貫の採用(私共は出来るだけ取り入れています)は

耐震に付加するものとしてとても優れたものだと思います。

 

IMG_1391

 

大分話がそれてきましたので制振装置について少し。

 

多くの製品が出されていますが

コスト30~50万円(延床30~40坪程度)、耐用年数50年(100年、半永久的といのもあるそうです)

のものが多く保証期間を10~20年で設定しているものもありました。

壁の中や天井裏に設置することがほとんどなので

メンテナンス期間や

耐用年数、保証期間は検討するに大事にしていきたいところです。


ちなみに

新築ではなく耐震改修において制震装置は評価の対象となっています。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.02.23 | Q&A 新着情報

このページの先頭へ