新着情報

吹抜け

ちょっとした期会があり、住まいについての質問に

答えさせていただきました。

 

Q.質問

「高気密・高断熱住宅であれば、吹き抜けを作っても寒くない」とたびたび聞きます。

以前、友人の新築の家を訪れた際、

リビング上が約6畳の広さの吹き抜けで、ファンが回っていました

C値0.25、UA値0.56で、最近よくみる、「エアコン1台で涼しい、暖かい」という

ふれこみのところで建てたそうです。

結局、高気密・高断熱住宅でも吹き抜けを作ると寒くなるものなのでしょうか。

やはり吹き抜けはやめた方がいいのでしょうか?

みなさんのご意見やアドバイスなど、聞かせてください。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

A.回答

吹抜けのある部屋はない部屋に比べると

部屋の気積が大きい分温まりにくいです。

吹抜けのファンを回していると(冬は上向きに回してください。)

全体に温まるまでは少し冷えた空気が流れてくると思われます。

静岡県においてUA値0.56の建物はH28省エネ基準もクリアし ており

この地域の冬の平均最低気温(約2.8°C)の時に自然室温(数日 間無断房状態)が10.5~11.0°C位(モデルプラン)になると思います。

けして低い性能ではありません。

暖房器具を使わずに集熱機器をつかってこの自然室温を上げる方法も あります。

この様、最近はに単に断熱材の量や、専門的な数値では熱い寒いが判 断しにくいものが解りやすい室温で

目安的な数値を表すことができます。 実際の建物の設計の時には気にしてみるとよいのかもしれません。

また、普段より自分や家族の快適に過ごしやすい気温、湿度を気にし ていると断熱の設計をするのに役に立つと思います。

断熱性能は高いにこしたことはありませんが、予算、設備等の色々な 検討項目の中で

暖房の使用量や吹抜けの有無を検討してみてはどうでしょうか。

性能が高ければ無断房にも近づけるでしょうし、エアコン1台といっ てもどの程度の能力のものかなども出てきます。

断熱や省エネ等の性能はこれからの住まいつくりには非常に大切なこ とと思いますが、

もっと大切にして頂きたいことが数値ばかりにとらわれないで豊かに暮らすことのできる住まいつ くりです。

これは住まい方や住む人によって違う感覚になり、多少の室温の差が あり

暖房設備を使ったとしても吹抜けがあることによって

豊かに暮らす空間(家族の距離感や一体感など・・・)ができるのであれば

是非、吹抜けを取り入れて頂きたいです。

そこに生じる差(ここでは室温の差)はできるだけ少なくなるよう

どの工務店、設計士さんも努力して提案してくれると思います。

 

と、お答えさせて頂きました。

 

 

~心地よい木組みの住まい~

木組みと土壁(自然素材) パッシブデザイン

静岡(清水)の工務店 木の家づくり

株式会社 大藤建設

 

2018.01.23 | Q&A 新着情報

このページの先頭へ