新着情報

高め合える職人さん

杉板の鎧張り。

色々な考え、工夫が込められていますが、

今回は窓周りの納まりについて。

 

 

雨水の対策としてサッシ周りにガルバニウムで

見切りをつけています。

雨水が入らないように、

かつ、どんな物でも100%の状態を継続することは考えにくいので

雨水が入った時にはどう処理するか、、、

メンテナス性は?トラブル時の対策は可能か?

色々考え施工していきます。

設計、監理が誠実に向き合って

考えられているかが大事なことは明らかですが

それに加えて施工者がどこまで真摯に対応してくれるか。

これは上記よりも大切かもしれません。

 

監理や大工の立場からの意見、板金屋さんの加工、納まりの考え。

ただ予算内に納めることを仕事と思っている職人さんとは違い、

これらの打ち合わせをしながら施工してくれる職人さんとは

お互いに高め合うことができ、

苦労も多いですがとても良いものがつくれます。

同じ熱量の方と仕事ができるととても楽しいです。

(多分、どんな仕事でも同じだと思いますが)

 

 

2020.10.16 | 新着情報 木の家つくり

このページの先頭へ